作業者

平板載荷試験や地質調査をする|安全を確保するための方法

工事

解決のポイント

環境のことを考えても地質調査を行なう業者はたくさんあります。しかし地質調査を自分で行なうことは難しいです。このことから、地質調査の依頼をするためにも専門の業者を利用することが大切です。

作業員

地質調査の必要性を考える

最近、世界では環境保護に対して、並々ならぬ関心を持っています。そのため環境保護の関心の高まりとともに、実際の産業でも環境負荷を抑えた製品などが注目を集めるようになりました。

法に関係する

重機

土地の開発というのはすぐに始めることができるのではなく、開発行為の概要やスケジュールなどの申請をしてから承認を受けることが必要になっています。つまり、このことから承認を受ける開発行為に該当されない場合には開発行為自体に着手できない決まりになっています。この決まりの中には、土壌汚染や環境保護に関わってくる土壌汚染対策法や大気汚染防止法と言われる法律と各自治体で定められている条例などがあります。これらの基準をクリアするために必要なことが現状を知るということであり、地質調査が求められる場面なのです。一般人にとってみるとあまり馴染みのないことばかりだと思われるかもしれませんが、これらの法律や規定というのは私達の安全な生活や地球環境に関わるところです。開発事業に携わる関係者においては、さらなる理解と必要な対策を考えてもらう必要があるでしょう。

地質調査をするということはそれを再認識することができる機会でもあり、その危険性があるのであれば改善をしていかなければいけないのです。これからの未来に向けても使える土地にしていくために、今から出来ることを採択していきましょう。そうすることで、地球を守ることができます。また、やっておくべきことに平板載荷試験もあります。平板載荷試験は荷重保持時間を計測するもので、建物などがしっかりと安全に建てられるのか調べる試験になります。安全を確保するためにも必要になるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

地質調査

地質調査の工程と流れ

地質調査は、文献調査と物理的調査の元成り立っています。誰もが聞いたことのある「ボーリング調査」も物理的調査の1つです。地質調査を行なわないと、様々なトラブルに見舞われる可能性があります。